menu

HYOGO ロータリーEクラブは、24時間365日世界中どこからでもメークアップできます。HYOGOロータリーEクラブ |  Rotary E-Club of Hyogo

MAKE UP

第86回例会

Rotary E-club of HYOGO

2016年2月15日開会

3月12日および13日に地区大会が神戸ポートピアホテルにて開催されます。

はじめの点鐘

はじめの点鐘

ロータリーソング

SAA: 今週のロータリーソングは、「それでこそロータリー」です。元気よく歌いましょう。

  • ♪ それでこそロータリーOpen or Close

    一、どこで会っても やあと言おうよ
    見つけた時にゃ おいと呼ぼうよ
    遠い時には 手を振り合おうよ
    それでこそ ローローロータリー
    ニ、笑顔 笑顔で 語り合おうよ
    心と心で 結び合おうよ
    みんな世の為 働らき合おうよ
    それでこそ ローローロータリー
    三、どこの国にも 友が居るよ
    みんな一つの 輪になろうよ
    同じ心で 親しみ合おうよ
    それでこそ ローローロータリー

例会

会長の時間

もう2月も半ばを過ぎました。

これから年度末にむけて、皆様お忙しいと存じます。

どうも、私たちの周りには冬場独特の病が網羅してきています。

この1ヶ月の間に西からインフルエンザが急激に増えてきました。どうぞ気をつけてください。インフルエンザはA型とB型、そしてあまり知られていませんがC型に分かれますが、今年はどうやらA型が多いようです。私は大丈夫と思っている皆様、危険です。インフルエンザウイルスは飛沫感染と接触感染です。潜伏期間はなんと1から2日です。あっという間に症状が出てしまいます。

しかも症状がでてからなんと、3から5日は人に感染してしまいます。

感染しないためには

  1. 体力・免疫を強める。つまり栄養のバランスの取れた食事やストレスの軽減 睡眠などですね
  2. うがい 手洗い マスク
  3. 人ごみをさける
  4. ワクチン接種をする

うがいや手洗い マスクにもちゃんと基本があります。(また今度)

そして大切なことは、体調が悪いと思ったときは、かならず医師に診断してもらってくださいね。ただ、注意してほしいことがあります。インフルエンザの症状がでたときすぐに病院に行って検査をしてもらってもウイルス検出がされないことがあります。なので、症状がでて医師からウイルス検出されなかったといわれても、次ぎの日に高熱が続くようならもう一度検査をしてもらうようにしてくださいね。人の迷惑にならないようにするのが、大人だと思います。特にロータリアンの皆様はお忙しく、大切な事業相談などの会議があるとどうしても無理してしまうかもしれません。その判断ミスが事業相談者やその家族を危険にさらします。危険回避をすることができる人は、事業でも成功されているような?そんな感じがいたします。

それではみなさま、十分気をつけてお過ごしください。

例会

幹事報告

今月のハイライト米山です
今月の“ハイライトよねやま”ができあがりましたので、お送りします。
ぜひご覧いただければ幸いです。

何とぞよろしくお願い申し上げます。

▼全文は、こちらよりご覧ください。
http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight191_pdf.pdf

(公財)ロータリー米山記念奨学会ニュース
………………………………………………………………………
★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 191号 ★  2016年2月12日発行
………………………………………………………………………

::今月のトピックス::
——————
・寄付金速報 ― 下期も順調なスタート ―
・内閣府による立ち入り検査を受けました
・2016学年度 新規米山奨学生の合格者が決定
・【訃報】理事 金子千侍氏(第2570地区)逝去
・第2720地区に米山学友会が誕生!
・みんなで、ソウル国際大会へ…! お得な登録料は3/31まで

<お知らせ>
・今後開催される海外米山学友会総会のご案内

《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第2720地区に米山学友会が誕生!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨年12月に開催された常務理事会で、第2720地区(熊本・大分)
米山学友会の設立が承認されました。かつて九州のロータリー4地区
をカバーしていた「九州米山学友会」から、2008年に第2730地区が、
2013年に第2740地区が独立しており、これで九州の4地区それぞれ
に米山学友会が存在することとなりました。

2月7日に開かれた設立総会には、第2720地区の学友と奨学生
16人が出席し、初代会長には全紅女さん(2005-07/別府東RC)、
副会長にはスチッタ・グナセカラさん(2010-11/別府RC)と朴志剛さん
(2012-13/宇城RC)、そのほか幹事・会計・理事6人が選任されました。

全会長は、「第2720地区米山学友会は、社会や地域に貢献できる
活動をしてまいります。設立総会は終わりではありません、スタートです。
一年後の総会ですばらしい活動報告ができるよう、これから皆で力を
合わせて一所懸命頑張ります」と意気込みを述べ、設立に関わった
地区米山奨学委員長の秋吉 実氏ら関係ロータリアンたちは、
感無量の面持ちで見守っていました。

総会後の懇親会には、ガバナーやパストガバナー、他地区からも
ロータリアンや学友がお祝いに駆けつけ、100人以上が集まる盛会
となりました。

そのほかの記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight191_pdf.pdf

┏━━━━━━‥・・・
◇ お知らせ
┗━━━━━━‥・・・
今後開催される海外米山学友会総会のご案内

・タイ  2016年3月13日(日)
会場:Hi-Residence(649/1-176 Asok Dindaeng Road,Dindaeng Bangkok 10400)
時間:年次総会15:00-17:00、選挙委員会 17:00-18:00、夕食会 18:00~21:00

以上

例会

委員会報告

今週の卓話は、近藤会員による「平和と紛争予防」に関するお話しです

例会

卓 話

国際奉仕委員 近藤清人

 

紛争やテロなどが頻発し、緊迫する現在の世界情勢について、紛争を予防する為のデザインが存在します。

そもそも、デザインとは色や形、スタイルを良くして、かっこいいモノを作り上げる様なイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。それは、デザインの一部にしか過ぎず、デザインとは「ある意図を成し遂げる為の『しかけ』」という事なのです。

そのデザインをうまく、利用して社会的課題を解決しようという動きがあり、その動きの事を「ソーシャルデザイン」と呼びます。

例としては、北欧の高速道路のスピード違反が多発する地域においての社会実験が有名です。

高速道路のスピード違反は「オービス」等、スピード超過を図る装置が、その違反者を見つけ、違反による罰金を徴収します。運転免許剥奪や高い罰金徴収による恐怖により、行動を抑制し、スピードを守らせるのが一般的ですが、その実験では「法定速度」で通過すると、たまにオービスが反応し、写真を取られます。そして、その運転手に法定速度を守った事によるボーナスが支給されるという実験です。

結果は大成功で、ボーナス欲しさと面白さに法定速度を守る人が急増した様です。その財源は上記の違反者の罰金が使われた様です。

このようにデザインは「意図を成し遂げる『しかけ』」として、人間の情緒に訴えかけて解決をするのに最適なのです。

さて、昨年のパリの残酷な襲撃事件に際して、あるデザインが行われました。

それは、テロへの警戒態勢などを受け、国外でありがたくない報道をされているベルギーの首都ブリュッセル(Brussels)において、同市の治安などについて世界各地から地元の人々に直接質問できる屋外電話が開設された。

またパリ襲撃事件の容疑者の一人、サラ・アブデスラム(Salah Abdeslam)容疑者(26)の実家からわずか数メートルの地点に設置されました。

それは、公衆電話の様な形をしていて、道を歩いているとその「電話」が突然なるのです。

それは、世界中のパリやベルギーの治安を心配する人からの電話なのです。そしてその電話で「今何が起こっているのか?心配している」という事を現地の人と、世界中の心配している人がつながり、治安だけでなく、世界の情勢に意識を高める事が出来るのです。電話をうけた市民は「世界中から見守ってくれている」と思い、かけている方は「世界の情勢を理解する」という双方向のコミュニケーションが成り立っています。

 

上記の様な事だけで、紛争はなくなりはしませんが、人が居る限りその情緒にふれ、人の気持ちを動かす事にデザインは寄与出来ると信じています。

私もデザインという職能を活かして、社会の課題を解決していく一助になる様にロータリ案として努めていきたいと思います。

例会

おわりの点鐘

例会

この例会に共感された方は、「いいね」をお願い致します。

MAKE UP(メイクアップ)する