menu

HYOGO ロータリーEクラブは、24時間365日世界中どこからでもメークアップできます。HYOGOロータリーEクラブ |  Rotary E-Club of Hyogo

MAKE UP

第277回例会

Rotary E-club of HYOGO

2020年7月6日開会

7月は戦略計画推進月間です

はじめの点鐘

はじめの点鐘

ロータリーソング

SAA: 今週のロータリーソングは、「君が代」と「R-O-T-A-R-Y」です。元気よく歌いましょう。

  • ♪ 君が代Open or Close

    君が代は
    千代に八千代に
    さざれ石の
    巌(いわお)となりて
    苔(こけ)のむすまで

  • ♪ R-O-T-A-R-YOpen or Close

    R-O-T-A-R-Y
    That spells Rotary;
    R-O-T-A-R-Y
    Is known on land and sea;
    From North to South,from East to West;
    He profits most who serves the best;
    R-O-T-A-R-Y
    That spells Rotary.
    R-O-T-A-R-Y
    That spells Rotary;
    R-O-T-A-R-Y
    Is one great family;
    Where friend-ship binds for man’s up-lift.
    Where each one strives his best to give,
    R-O-T-A-R-Y
    That spells Rotary.

例会

会長の時間

皆さんこんにちは。この7月より2020-21年度HYOGOロータリーEクラブ会長を拝命しました児玉と申します。

2020年は、約100年前の「スペイン風邪」以来と言われるパンデミックの状況、「コロナウィルス」が世界中で猛威をふるい、いまだ感染拡大している国もいくつかあります。日本でも第2波に備えて、生活様式の大きな変革が迫られています。
ロータリーもかつてない状況で、4/8の緊急事態宣言以降、2か月ほど休会が続いていた例会運営も、オンライン併用含め、ようやく再開されてきたところでしょう、ただしこれは通常のクラブの話。私で設立以来7期目会長となる、HYOGOロータリーEクラブは、緊急事態宣言のさなかもいつもと変わらずネット上での例会が開催されていました。これこそクラブの特性であり、強みでもあるでしょう。これまで以上に、注目度は増したのではないかと思います。

さて、2020-21年度 ホルガ―・クナークRI会長は、テーマを「ロータリーは機会の扉を開く」と発表しました。ロータリーは、リーダーシップの機会、生涯続く友情の絆を築く機会を与えてくれると述べています。そして注目すべきは、会員数を増やすために数字にこだわるのでなく、持続可能かつ有機的なかたちで成長できるよう求め、現会員を維持し、クラブにふさわしい新会員を募ることにクラブが注力すべきであると述べていることでしょう。

現在のコロナ禍の影響で、自粛期間に自分の仕事、生活、家族のことを改めて考える機会が多くあったと思いますが。クラブもこの機会に、もう一度、いろいろ見つめ直す機会ととらえたいと考えます。足元をもう一度しっかりさせてこそ、前へ進めます。前年度の長澤直前会長の「一人一人みんなが主役」のテーマにより、役割を分担してきた流れを活かしながら、ウィズコロナ時代の運営方針を以下の通りとしてみました。

★クラブテーマ
「もっと知って、もっと楽しもう」
・ウィズコロナ時代の今、直接顔を合わす機会が減った分、もう一度クラブや、メンバー、ロータリー精神などを見つめ直し、もっと知る機会としてみよう。そのことによって楽しみも増すのではないでしょうか。

★方針
   ①ロータリーをもっと知ろう
・日本のロータリー100周年、歴史と哲学をあらためて知ろう。
・マイロータリー登録率90%以上、100%を目指そう。
・オンラインセミナー、会合に積極的に参加してみよう。
②メンバーをもっと知って親睦を深めよう
・場合に応じてオンラインや、2021年には顔合わせも含め、コミュニケーションを密にしよう
・アンケートなども利用し、自分のクラブメンバーがどのように考えているか知ろう
③卓話からヒントを知りビジネスチャンスを得よう
・様々な職業のクラブメンバー,またはゲストからの有意義な卓話や講演から、ビジネスヒントを知り、チャンスを得よう。
④もっと情報を知り奉仕しよう
・他クラブとの連携など、身近な情報をキャッチし、できる範囲で奉仕しよう。

以上がクラブテーマと、方針でした。
ロータリー歴7年とまだまだ未熟な私ですが、
今年1年、皆様のご協力を得ながら、精一杯頑張りたいと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。

2020-2021年度
HYOGOロータリーEクラブ会長
児玉貴春

例会

幹事報告

①2020-2021年度 Eクラブ会費・前期分振込のお願い

・金額:¥30,000
・振込先:ジャパンネット銀行 はやぶさ支店
普通 1353504
ヒョウゴロータリーイークラブ
・締切:2020年7/22(水)
★期限厳守のほど、よろしくお願い致します!

②7/13~7/20例会にて五大委員会の各委員長より活動計画の発表のお願い(順不同・どなたからでも)

・クラブ奉仕委員会
・職業奉仕委員会
・社会奉仕委員会
・国際奉仕委員会
・青少年奉仕委員会

③7/27例会にてその他委員会の各委員長より活動計画の発表のお願い(順不同・どなたからでも)

・親睦委員会
・プログラム委員会
・米山記念奨学委員会
・ロータリー財団
・広報増強イメージ
・増強拡大委員会
・研修委員会
・SAA
・出席委員会
・会計
・唱歌委員会

 

国際ロータリー第2680地区ローターアクト
『2020-2021年度 地区交流会』のご案内

 

拝 啓
梅雨の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、この度淡路ローターアクトクラブと神戸須磨ローターアクトクラブの合同ホストにより、『2020-2021年度 地区交流会』を下記日程で開催することとなりました。『地区交流会』は、年度の初めにローターアクトクラブ会員の皆様の面識と交流を深めることを目的とした地区行事です。ご参加の皆様と親睦を図りながら、お互いのことを深く知り、新しい年度を共に踏み出すことが出来るようなプログラムを企画致しました。次年度は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、オンラインでの開催となります。
つきましては、ご多忙中の折とは存じますが、各クラブ会員の皆様にご連絡の上、一人でも多くの方々のご出席を賜りますようお願い申し上げます。

敬 具

【日 時】  2020年7月12日(日)
13:50 ログイン受付開始
14:00 開会式
14:15 第1部 2680地区紹介・地区運営方針
14:25 第2部 各クラブ紹介
15:55 閉会式・写真撮影
16:05 終了

【会 場】  WEB会議 (ZOOM)
ID・パスワードは後日改めて案内させて頂きます。
ZOOMの事前のインストールをお願いいたします。

【登録料】 無料

【登録方法】 クラブごとに取りまとめ、登録用紙に必要事項をご記入の上、
メールにてお送りください。
宛先:神戸須磨ローターアクトクラブ
次年度幹事 近藤 大介(こんどう だいすけ)
E-mail : kobesuma.rac@gmail.com

【登録締切】 2020年7月3日(金)

【お問い合わせ先】ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。
神戸須磨ローターアクトクラブ
次年度幹事 近藤 大介(こんどう だいすけ)
E-mail : kobesuma.rac@gmail.com

◆参考◆
Zoom のパソコンでの使い方(PC・MAC)

【パソコン編】Zoomの基本的な使い方やPCでのミーティングの開催方法を紹介


スマートフォンでの Zoom アプリの使い方
iPhone https://symphonict.nesic.co.jp/workingstyle/zoom/zoom-smartphone/
Android https://symphonict.nesic.co.jp/workingstyle/zoom/zoom-android-app/

 

            ロータリーカードについて(お願い)

 

拝啓 盛夏の候、皆様におかれましては、ますますご繁栄の事とお喜び申し上げます。
平素はロータリー活動及びポリオ根絶活動にご尽力賜りありがとうございます。

昨今、新型コロナウイルス感染拡大により、ロータリークラブの諸活動が延期や中止、また例会についても制約を受けています。この状況を鑑み、感染拡大を阻止する動きに、一致団結して心を寄せて参りたいと考えております。

さて、ポリオ根絶活動は、私たちロータリーメンバーが心を寄せていかなければならない問題ではありますが、現在、新型コロナウィルス感染症がポリオ根絶活動に影響を受けていることは確かです。今、ポリオ根絶活動を緩めるとポリオ感染者が増えることも明らかです。今まで以上にポリオ根絶に支援をする必要があるのではないでしょうか。

ホルガー・クナークRI会長の重点目標の一つにロータリーカードの普及があります。
ロータリーカードを使うと利用金額の0.3%相当額がポリオ根絶支援になり、継続的な支援に繋がるのです。本年度は2680地区のメンバーに一人でも多くロータリーカードのホルダーになっていただき、今までなかった新しい形での支援に力を注いでいきたいと考えています。

つきましては、この取り組みにご賛同していただきますよう、心からお願い申し上げます。そして、会員の皆様並びにご家族のご健勝と共に、一日も早く平穏なる日々が戻り、皆様と共に新しい活動ができますよう祈念しております。

今後とも、財団プログラムへの一層のご協力を賜りますようお願い申し上げます。
末筆ながら、皆様のますますのご健勝とご活躍の程、心よりお祈り申し上げます。

敬具
国際ロータリー第2680地区
ガバナー     髙瀬 英夫
ロータリー財団委員長 丸尾 研一
ポリオプラス小委員長 宮岡 督修

例会

委員会報告

文字が小さく見づらい方、スマートフォンの方はこちらからご覧ください。

例会

卓 話

文字が小さく見づらい方、スマートフォンの方はこちらからご覧ください。

例会

おわりの点鐘

例会

この例会に共感された方は、「いいね」をお願い致します。

MAKE UP(メイクアップ)する