menu

HYOGO ロータリーEクラブは、24時間365日世界中どこからでもメークアップできます。HYOGOロータリーEクラブ |  Rotary E-Club of Hyogo

MAKE UP

第24回例会

Rotary E-club of HYOGO

2014年9月1日開会

9月は青少年奉仕のための月間です

はじめの点鐘

はじめの点鐘

ロータリーソング

SAA: 今週のロータリーソングは、「君が代」と「奉仕の理想」です。元気よく歌いましょう。

例会

会長の時間

みなさん3Dプリンターをご存じでしょうか。

 

昨今、色々と話題になっておりますが、つい先日もリコーやキヤノンなど国内精密大手が、設計データから立体物を造形する3D(3次元)プリンター事業に参入するとニュースで報じられた。

2020年には経済波及効果として21兆円とも言われています。同社はプリンター事業で培った技術を生かし、複雑な形をした部品の量産にも使える装置を開発していくという。試作にとどまらず完成品として組み込める部品ができるようになれば、製造工程の大幅な簡素化やコスト低減などもの作りの革新につながる事を期待しているらしい。

 

3Dプリンターで出力するまでの基本的な仕組みはこうだ

1.特殊なカメラで被写体を撮影

2.その撮影したデータから3Dデータへ変換

3.その3Dデータを3Dプリンターで出力

 

安いものだと数万円からあり、実に様々な用途に利用できる反面、犯罪などに利用されるケースも懸念されている。

 

私、個人的には実に夢のある技術だと感じている。

既に医療分野では骨などの代用に利用さていると聞いた事がある。

 

また3Dデータ化しておくことで、後世に残したいモノを立体(模型)として残したり、いずれは復元したりすることも可能だったりする。

 

最近では、手軽に自分のフィギュアも出来るという。

自分の銅像まではコスト的にできない人で、自分のコピーを残したいという方は試してみてはいかがでしょうか。

例会

幹事報告

今週の幹事報告を掲載します

例会

委員会報告

今週の委員会報告を掲載します

例会

卓 話

GARY C.K. HUANG PRESIDENT, ROTARY INTERNATIONAL

今月はロータリーの将来を担う青少年の月間です。
下記に国際ロータリー GARY C.K. HUANG 会長の挨拶をロータリーの友から転載します。

ロータリーの将来を担う新世代

親愛なるロータリアンの皆さん、国際ロータリー(RI)の会長であることの素晴らしい恩恵の一つは、ロータリー世界のさまざまな地域を訪れる機会に恵まれることです。普段、私はイベントに出席するために旅行をし、クラブや地区大会や研究会でスピーチをし、そしてロータリアンに奉仕を奨励します。しかし会長として、私はあらゆる分野のロータリー家族に責任を負っています。このことは、ローターアクターやインターアクター、青少年交換学生、ロータリー青少年指導者養成プログラム(RYLA)の参加者など、ロータリーの若い世代を支援する恩恵にも浴しているということです。

新世代の発想に感動
ロータリアンの活動を見る時、私はいつも感動し、興奮し、そして刺激を受けます。新世代の人たちの活動を見ても、まったく同じように感じ、そして同じように驚かされることもあります。私が彼らの活動に期待するようになったのは、彼らの活動の質によるのではなく、彼らの考え方に独創性があり、工夫をこらしたものだったからです。私は彼らが行ったことを見て、「なんて素晴らしい活動だ」と単に思うのではなく、「なんて素晴らしい発想なんだ」と感動するのです。
世界に対する見方は世代によって異なります。そして一人ひとりが、独自の視点を持っています。一つの問題に直面した時、私たちは異なった解決策にたどり着きます。これは、私たちの強みである、文化、言語、経験、性別、年齢といった、多様性がロータリーにあるからです。

新世代を応援することは自分たちを応援すること
ロータリーでは、奉仕をするにあたって、長期的展望に立ったものであるよう努めています。私たちは、自分たちの奉仕が役に立ち続け、私たちの手から離れた後も、影響を持ち続けるようなものにしたいと強く願っています。私の経験から言うと、新世代はこのような考えを分かち合い、新しく革新的な方法で環境問題に焦点を当てることによって地球規模に応用していきます。私がロータリアンになった時、環境問題が私たちの話題に上ることなどほとんどありませんでした。今の若い人たちにとって、これらの問題は目の前にあり、中心にあるものなのです。ロータリーの奉仕の世界にとって、彼らの先見性はかけがえのないものであり、私たちが促進し、支援すべきものの一つです。彼らが私たちから学ぶように、私たちも彼らから学んでいくべきでしょう。
ローターアクトやインターアクトで活動している若い人たち、青少年交換学生や、RYLAの参加者は、明日のロータリアンです。彼らを応援するということは、私たちの組織全体の未来を応援しているということにもなります。私たちは、明日のクラブ会長、ガバナー、RI理事、そしてRI会長になる人たちを養成する手助けをしているのです。

GARY C.K. HUANG
PRESIDENT, ROTARY INTERNATIONAL
例会

おわりの点鐘

例会

この例会に共感された方は、「いいね」をお願い致します。

MAKE UP(メイクアップ)する