menu

HYOGO ロータリーEクラブは、24時間365日世界中どこからでもメークアップできます。HYOGOロータリーEクラブ |  Rotary E-Club of Hyogo

MAKE UP

第166回例会

Rotary E-club of HYOGO

2017年11月20日開会

11月はロータリー財団月間です。

はじめの点鐘

はじめの点鐘

ロータリーソング

SAA: 今週のロータリーソングは、「それでこそロータリー」です。元気よく歌いましょう。

  • ♪ それでこそロータリーOpen or Close

    一、どこで会っても やあと言おうよ
    見つけた時にゃ おいと呼ぼうよ
    遠い時には 手を振り合おうよ
    それでこそ ローローロータリー
    ニ、笑顔 笑顔で 語り合おうよ
    心と心で 結び合おうよ
    みんな世の為 働らき合おうよ
    それでこそ ローローロータリー
    三、どこの国にも 友が居るよ
    みんな一つの 輪になろうよ
    同じ心で 親しみ合おうよ
    それでこそ ローローロータリー

例会

会長の時間

今週は2017-18年度第17例会、通算166例会です。
皆さまいかがお過ごしですか?

今日は先週の会長の時間に書いた21日間続けようと決めたことの1つ「毎日の食事を書く」ことについて書きたいと思います。

私は最近、毎日口にしている食事や趣向品について本を読んで学んだりコミュニティに参加をしています。
私たちEクラブのように出向かなくても情報共有でき学ぶ事が出来るネットでのコミュニティは、仕事をしている私にとって大変貴重な情報源となっています。
さて、食を考えるきっかけになったのは娘が通っていた整体の先生でした。「糖質制限をするとアレルギーが良くなる体質かもしれない」と言われ食事内容を見直すようになり、毎日の食事や間食を全て書き出すことを始めました。

するとカロリーはもちろんですが、糖質・脂質など今までどのようなバランスでどんな内容で食事をしているのかを知るきっかけとなりました。
おやつの選び方が変わり、ご飯を少し減らした代わりにたんぱく質(お肉や魚)を増やしています。すると少しずつですが痒みなども和らいできているようです。そして食育にもなりとても良いコミュニケーションにもなってきました。

スマートフォンなどでも無料で使える糖質制限や健康に関するアプリがたくさんありますので、ぜひ利用してみてください。社内でも食事内容を思い出すのが脳トレになりとても良いと好評ですよ。
そして健康で毎日元気に活動していきたいですね!

それでは今週も笑顔いっぱいの一週間を・・・

例会

幹事報告

①コーディネーターニュース2017年12月号のご案内

ロータリアンの皆さまへ

晩秋の候、皆さまにおかれましては益々ご清祥のことと拝察いたします。
11月は「ロータリー財団月間」です。財団のこれまでの功績を振り返るだけでなく、今現在の活動状況、今後の活動内容について思いをめぐらせるのに最適なときでもあります。

前ロータリー年度では、合計3億400万ドルの寄付(年次基金:1億4000万ドル、恒久基金:2800万ドル、ポリオプラス基金:1億800万ドル)がロータリー財団に寄せられました。このご寄付は、今日のロータリーの活動を支え、明日のロータリーを強化し、「世界でよいこと」をするために生かされています。財団はまた、494件の地区補助金、1,260件のグローバル補助金を承認し、これらをあわせた資金は1億1100万ドルに上りました。

ご存知の通り、ポリオ撲滅はロータリーとロータリー財団の最優先事項です。これまでになかった新しい支援が得られ、ポリオの発症数が史上最少となった今年は、ポリオ撲滅活動の中でも歴史的な1年となりました。アトランタ国際大会で発表された通り、ビル&メリンダ・ゲイツ財団はロータリーが集める資金に対し2倍の上乗せを継続して行います(上乗せの対象は年間5000万ドルまで、3年間継続)。毎年5000万ドルの寄付を達成できれば、ゲイツ財団から1億ドルの上乗せが得られ、合計で実に1億5000万ドルの寄付となります。この上乗せが3年間継続するのです。さらに、アトランタ国際大会では各国政府や主要な寄付者から、合計で10億ドル以上のポリオ撲滅への寄付が約束されました。

アトランタ国際大会のおかげで2017-18年度を景気よくスタートすることができました。年度が始まってからも、ロータリアンはポリオ撲滅という私たちの約束を果たすために募金活動に奔走しているだけでなく、ポリオ撲滅の重要性を一般の人たちに訴え続けています。10月24日に行なわれた第5回世界ポリオデー特別イベントも大成功に終わりました。このイベントは、シアトルのビル&メリンダ・ゲイツ財団本部で開催され、ライブ中継されました。実に149,000人がライブ中継を視聴し、この数はこれまでで最多です。イベントには、ディーン・ロース副会長がロータリーを代表して参加しました。さらに、世界各地で3,428件の世界ポリオデーにちなんだイベントが開催されました。特別イベントの録画はこちらからご覧ください。

2016年に野生型ポリオウイルスでまひとなった子どもは37人でしたが、2017年の今日現在、この数字は14人となっています。これはつまり、限りなく「ゼロ」に近づいていることを意味しています。最新情報は、世界ポリオ撲滅推進活動(GPEI)のウェブサイトからご覧ください。

今こそポリオを撲滅するだけでなく、独立委員会により撲滅が認定されるまで、できることすべてを行う必要があることを忘れてはなりません。撲滅の認定には、最後に野生型ポリオウイルスが発見されてから3年を要します。これはつまり、この3年間の間に、子どもだけでなく、水の供給システムやその他の場所からポリオウイルスが全く発見されない状態を意味します。これが達成できてはじめて、ロータリーとロータリー財団による最も素晴らしい達成、ポリオの終焉を祝うことができるのです。

心を込めて

2017-18年度国際ロータリー会長
イアン・ライズリー

2017-18年度財団管理委員長
ポール A. ネツェル

 

③Eクラブ)2017-18年度公式訪問について 別紙参照

FBイベントをあげております。参加登録をお願いいたします。

 

④地区大会 友愛の広場での出店募集 別紙参照

 

⑤普通寄付金申告用領収証のデータ受付は、11月30日(木)迄です

平素より大変お世話になっております。
ロータリー米山記念奨学会事務局です。

標記のとおり、
普通寄付金申告用領収証の申請受付締日が
11月30日(木)迄となっております。

もし、普通寄付金分の確定申告用領収証の発行をご希望されているクラブで、
まだデータをお送りいただいていないクラブは前年度と同様にホームページ上から
直接、 申請用Excelファイルをアップロードしていただけますようお願いいたします。

*こちらのメールは当会に登録のある全ロータリークラブに配信しております。
既にデータをお送りされたクラブや普通寄付金領収証をご希望されないクラブは
破棄していただいて構いません。
(特別寄付金の領収証は、通常通り申告されなくてもお送りいたします)

詳しくは、下記ページをご覧ください。
http://www.rotary-yoneyama.or.jp/contribution/f-upload

ご不明点がございましたら、 下記担当者までお問い合わせくださいますよう
よろしくお願い申し上げます。

公益財団法人ロータリー米山記念奨学会
寄付担当 大庭(オオバ)陽子
Tel:03-3434-8681 Fax:03-3578-8281
E-mail:kifu@rotary-yoneyama.or.jp

例会

委員会報告

お世話になっております。ロータリー米山記念奨学会です。

今月の“ハイライトよねやま”ができあがりましたので、お送りします。
ぜひご覧いただければ幸いです。

よろしくお願い申し上げます。

▼全文は、こちらよりご覧ください。
http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight212_pdf.pdf
(公財)ロータリー米山記念奨学会ニュース
………………………………………………………………………
★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 212号 ★  2017年11月13日発行
………………………………………………………………………
::今月のトピックス::
——————
・彫刻コンクールで学友が大賞を受賞
・寄付金速報 ― 米山月間のご支援に感謝 ―
・2018学年度奨学金申し込み状況
・各地の地区大会で米山奨学生・学友が活躍
・子どもの学力向上を願って ― ミャンマー米山学友会 ―

<お知らせ>
【もうすぐ締切】普通寄付金 申告用領収書の申請は11月末まで

《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
彫刻コンクールで学友が大賞を受賞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
彫刻家として活躍する米山学友、キムキョンミンさん(2007-08/
東京多摩グリーンRC)の作品が、「第27回UBEビエンナーレ」
(現代日本彫刻展)で大賞を受賞しました。

同展は、国内で最も古い歴史を持つ野外彫刻国際コンクールです。
2年に1度、山口県宇部市で開催され、今回は世界29カ国(日本含む)、
277点もの応募作品の中から、キムキョンミンさんの
「リメンバー宇部」が大賞を射止めました。外国人女性が大賞を
受賞したのは1961年に同展が始まって以来初めてとのことです。

キムさんの作品に共通するテーマは“視覚で感じる水音”。
「オフィスビルやホテルのエントランスなどにも作品を飾ってもらい、
末永く多くの人々に作品を愛していただけたら嬉しい」と、
語ってくださいました。
※そのほかの記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight212_pdf.pdf
┌━─━─━─━─━─★
┃ お 知 ら せ
└━─━─━─━─━─★

【もうすぐ締切】普通寄付金 申告用領収書の申請は11月末まで

普通寄付金分の確定申告用領収証の申請期限は11月30日です。
当会ホームページの下記ページより、お手続きください。
http://www.rotary-yoneyama.or.jp/contribution/f-upload

特別寄付金については来年1月下旬にクラブ経由で送付しますので申請不要です

以上

※メールアドレスの変更、配信解除などのご希望がございましたら、
お手数ですが、このメールの返信にてお知らせください。
よろしくお願い申し上げます。

…………………………………………………………………………
公益財団法人ロータリー米山記念奨学会
事務局長 岩邉俊久
編集担当 野津・峯
Tel:03-3434-8681  Fax:03-3578-8281
問い合わせメール: highlight@rotary-yoneyama.or.jp
米山記念奨学会ホームページ: http://www.rotary-yoneyama.or.jp/
…………………………………………………………………………

例会

卓 話

今週の卓話は、財団月間によせて「第5回世界ポリオデー特別イベント」の録画のです

例会

おわりの点鐘

例会

この例会に共感された方は、「いいね」をお願い致します。

MAKE UP(メイクアップ)する