menu

HYOGO ロータリーEクラブは、24時間365日世界中どこからでもメークアップできます。HYOGOロータリーEクラブ |  Rotary E-Club of Hyogo

MAKE UP

第108回例会

Rotary E-club of HYOGO

2016年8月1日開会

8月は会員増強・新クラブ結成推進月間です

はじめの点鐘

はじめの点鐘

ロータリーソング

SAA: 今週のロータリーソングは、「君が代」と「それでこそロータリー」です。元気よく歌いましょう。

  • ♪ 君が代Open or Close

    君が代は
    千代に八千代に
    さざれ石の
    巌(いわお)となりて
    苔(こけ)のむすまで

  • ♪ それでこそロータリーOpen or Close

    一、どこで会っても やあと言おうよ
    見つけた時にゃ おいと呼ぼうよ
    遠い時には 手を振り合おうよ
    それでこそ ローローロータリー
    ニ、笑顔 笑顔で 語り合おうよ
    心と心で 結び合おうよ
    みんな世の為 働らき合おうよ
    それでこそ ローローロータリー
    三、どこの国にも 友が居るよ
    みんな一つの 輪になろうよ
    同じ心で 親しみ合おうよ
    それでこそ ローローロータリー

例会

会長の時間

ロータリアンの皆様、2016-2017年度第4例会です。今月は会員増強・新クラブ結成推進月間です。

今回の例会では当クラブの会員にロータリークラブ「会員」(Part1)について説明をしたいと思います。

1.国際ロータリー会員

国際ロータリーは、全世界のロータリークラブの連合体であり(RI定款第2条)、国際ロータリー制定の標準クラブ定款を採択した現存する世界のロータリークラブが会員であります(RI定款第5条第1節)。

2.ロータリークラブ会員

ロータリークラブの会員は正会員と名誉会員の2種類です。
2.1 正会員:善良な成人であって職業上、および(または)地域社会において良い世評を受けている者でロータリークラブの正会員から推薦を受け、職業分類・会員選考の委員会審議を経てクラブが承認した人を正会員とします(RI定款第5条第2節)。
2.2 名誉会員:ロータリーの理想推進のために称賛に値する奉仕をした人およびロータリーの崇高な目的を末永く支援したことでロータリーの友人であると見なされ推薦された人が、期間を定めて理事会が名誉会員に決定でき、また、自由に期間の延長や取り消すことができます(RC定款第12条第2節(c))。
名誉会員は入会金および会費の納入を免除され、所属クラブの各種会合に出席できますが、職業分類、各種役職の他選挙権は保持できません。例外として他クラブを訪問する権利は認められています。また、複数のクラブで名誉会員の身分を保持できます(RC定款第7条第6節、RI細則第4条4.050.、4.050.1.、4.050.2.)。
ロータリークラブの正会員が同時に他クラブの正会員や名誉会員またはローターアクトクラブの会員になることは出来ません(RC定款第7条第5節)。

3.正会員

●3.1 正会員の入会手続

正会員に推薦されるにあたっては、性別、人種、皮膚の色、信条、国籍に基づき会員身分を制約することはありません。
正会員の入会にあたっては、所属するロータリークラブの所在地域、もしくは隣接地域に事業所または居住地があることが条件の1つであり、経営組織や法人企業からでなく個人の資格で推薦されることになっています(ロータリー章典 4.010.2.、4.010.3.、4.030.)。
適格な条件で推薦された被推薦者は標準ロータリークラブ定款の職業分類と会員資格の全てを満たしていることをクラブの理事会が確認し、推薦書の提出後30日以内に承認・不承認を決定した上で、クラブ幹事を通じて推薦者に通告します。クラブの理事会が肯定的であれば被推薦者に対し、ロータリーの目的、会員の特典と義務について説明を為し、被推薦者の申告書による本人の氏名と職業分類をクラブの例会において発表することの承諾を求めなければなりません。発表後、クラブの理事会は正会員に対し被推薦者の入会に対する賛否を求め、7日以内にクラブ所属会員の誰からも異議の申し立ての無い場合、被推薦者は入会金を納付後正会員となります。また、会員から異議の申し立てがあった場合、再度理事会を開き、当該被推薦者の入会について票決を行います。正会員からの異議申し立てがあったにも拘わらず、理事会が承認した場合は、所定の入会金を納付すれば正会員に選ばれたものと見なします(標準RC細則第13条)。
正会員の資格は入会と同時に国際ロータリーに対し人頭分担金、その他比例分担金、追加会費等の負担金を支払うことにより、国際ロータリーに登録され(RI細則17.030.1.、17.030.2.、17.040.1.、17.040.2.)所属したロータリークラブから会員証の発行を受けます。会員証は世界中のいずれかのロータリークラブを訪問する際に自己紹介の手段として活用できます(ロータリー章典 5.030.)。

●3.2 正会員が在職中に公職についた場合の職業分類の処遇

正会員が一定期間に限り選挙または任命によって公職についた場合は、大学、その他の教育施設、裁判官を除き、任命または選挙された役職の下では職業分類の適用を受けず、以前の職業分類で会員身分を保持します(RC定款第7条第7節)。

●3.3 移籍ロータリアンまたは元ロータリアン、ローターアクターへの処遇

他クラブに移籍を希望する会員は、一旦退会した後、クラブの会員またはクラブの推薦により他クラブの正会員となることが出来ます。元クラブに所属した会員が元クラブまたは他クラブの正会員になる場合も同様です。いずれの場合も2度目の入会金の支払いは免除されます。また、受け入れ側のロータリークラブの職業分類の制限を一時的に超えることになっても移籍会員または元クラブ会員は正会員に選出することができます(RC定款第7条第4節)。
また、所属クラブで2年以内にローターアクトとしての会員身分を修了したローターアクターがロータリーの所属クラブに正会員として入会した場合も入会金の支払いは免除されます(RC定款第11条)。

続きは来週の会長挨拶でいたします。皆様、ロータリー活動頑張りましょう!

出典:RI2660地区ロータリー百科事典

 

例会

幹事報告

地区補助金プロジェクト見学訪問

ロータリー財団100周年記念シンポジウム開催案内(案内資料あり

Eクラブ内の締め切りは9月28日までとさせていただきます。FBにイベントを立ち上げますので、FBに参加を申し入れてください。申し込みはクラブからまとめて行います。申し込みをされた会員には参加費入金を幹事よりご連絡いたします。

 新入会員のご紹介

8月1日より原田 仁史さんがご入会されました。

ご紹介をFBでおこなっていますので、お友達申請をお願いいたします。

例会

委員会報告

米山奨学会からの連絡

ロータリー米山記念奨学会事務局です。
さて、標記のとおり、
普通寄付金申告用領収証の申請について、
7月20日より、当会ホームページから受付開始となりました。

普通寄付金分の確定申告用領収証の発行をご希望のクラブは、
前年度と同様に、ホームページ上から直接、
申請用Excelファイルをアップロードしていただけますよう、
お願いいたします。(申請締切:2016年11月末日)

詳しくは、下記ページをご覧ください。
http://www.rotary-yoneyama.or.jp/contribution/f-upload

【ご注意】申請用Excelファイルには、合計金額を記載しないでください。
また、申請用Excelファイルをメール添付してご連絡いただいても
受付できません。
ご不明点がございましたら、
下記担当者までお問い合わせくださいますよう
よろしくお願いいたします。

公益財団法人ロータリー米山記念奨学会
寄付担当 大庭(オオバ)陽子
Tel:03-3434-8681 Fax:03-3578-8281
E-mail:kifu@rotary-yoneyama.or.jp

例会

卓 話

HYOGOロータリーEクラブのみなさま

今年度会員増強委員長そして幹事の堤です。8月は会員増強・新クラブ結成推進月間です。我がクラブはようやく3年目を迎えました。2014-2015はチャーターメンバー23名 2015-2016は24名 2016-2017 8月現在26名です。

もし、私がロータリーに誰かに入会を勧めるとしたら、私は何をその人に伝えるのだろうと思うのです。「楽しいクラブ」「みんな親切で仲良し」だけでしたら、自分の趣味サークルで十分だと思うのです。当初ロータリーに入会したきっかけはなんとなく誘われたからでしたが、継続するにはそれぞれに理由が必要だと思うのです。私にとって継続する理由は「学び」です。

入会したときはとても不思議でした。個人に金銭的な利益があるわけではないのにこの巨大な組織がこんなにも活動的にしかも継続的に動くのはどうしてなのか。

地区でお会いした会社経営の先輩ロータリアンは、「会社を運営するにはロータリーの考え方がなければなりたたない」と申していました。その方は素晴らしい方で、ロータリー活動に対してのアドバイスやなどをしてくださいました。個人的利害のない場で素晴らしい活動ができる方は、仕事に誠実で、期待以上の成果を出されているでしょう。もし私がクライアントであるならばこのような方に仕事を依頼したいと思います。

さらに、別の先輩ロータリアンから、「より多くの奉仕をしてください。すればするほどあなたの人生が豊かになり成功します。私が実際そうでした。だから信じて頑張ってください」と声をかけられたことがあります。

素晴らしい方々だからロータリーに誘われたのか、それともロータリーに入ったから素晴らしい人になったのかは分かりませんが、「人を育む」ことができる場をもっているのがロータリーだと感じています。

しかし、入会を勧めるにはロータリーの魅力をもう少し分かりやすく説明する必要があるとも思います。「魅力あるクラブ」「活気のあるクラブ」をつくるように会員増強拡大委員会では謳われておりますが、それではHYOGOロータリーEクラブの魅力や活気とは何かということを説明できなければいけないと思います。そして現会員が心から魅力を共感して説明できなければ、人の心を動かすことはできないとおもいます。

2016年規定審議会でロータリー史に残る多くの重要な決定が行われました。

今回の審議会は、柔軟性を増加する案件に多くの注目が集まりました。一つは、クラブが月に少なくとも2回以上の例会を行う限り、いつ、どのくらいの頻度で例会を開くか、あるいは例会をキャンセルするか、また何をもって例会とするかについて、より多くの裁量をクラブに与えるものです。もう一つは、会員身分について新しい試みができる柔軟性をクラブに与えるものです。

例えば、ローターアクターが同時にロータリークラブの正会員となることを認める制定案も採択されましたし、従来型クラブとEクラブに区別をなくす立法案が採択されました。そして細則から入会金への言及箇所が削除されます。

会員増強が組織の最優先事項であることを意識された改定であったと思います。

若い世代が入会しやすくなり、例会についてもクラブの裁量によって決められます。ロータリーの入り口は大きく広げられたと思います。

あとは魅力があり活気があるクラブにするための、大目標と戦術です。

クラブ設立からまだ3年目ですが、もう3年目です。HYOGOロータリーEクラブ会員の一人ひとりが目標・役割と責任を果たし、いいクラブになれば、いい会員が入会してくると思います。「学び」のあるクラブになれるよう力をあわせていきましょう

会員増強拡大委員長
堤 万佐子

例会

おわりの点鐘

例会

この例会に共感された方は、「いいね」をお願い致します。

MAKE UP(メイクアップ)する