menu

HYOGO ロータリーEクラブは、24時間365日世界中どこからでもメークアップできます。HYOGOロータリーEクラブ |  Rotary E-Club of Hyogo

MAKE UP

第233回例会

Rotary E-club of HYOGO

2019年6月24日開会

6月はロータリー親睦活動月間です

はじめの点鐘

はじめの点鐘

ロータリーソング

SAA: 今週のロータリーソングは、「奉仕の理想」です。元気よく歌いましょう。

  • ♪ 奉仕の理想Open or Close

    奉仕の理想に集いし友よ   御国に捧げん我等の生業
    望むは世界の久遠の平和   めぐる歯車いや輝きて
    永久に栄えよ   我等のロータリー

例会

会長の時間

ロータリアンのみなさま、こんにちは。第233回目、今年度最後の例会です。

「ITの力で世界にインスピレーションをもたらそう」

2018-19年度は会長という大役を拝命し、この運営方針をかかげ1年間邁進してまいりました。

2018-19年度は、平成30年7月豪雨にはじまり、猛暑、台風21号、北海道胆振東部地震、つい先日発生した新潟・山形沖地震など災害の多い年でした。

Eクラブとして何かできることがないかと考え、微力ながら8月〜9月分のメークアップ料すべてを被災地へ寄付させていただきました。

Eクラブのインスタグラムより日本の災害状況を発信したところ、地球の裏側である4430地区ブラジル・サンパウロより、岡山県出身のローターアクターより、何かできることはないかと支援の声も寄せられました。

海外のロータリアンにも支援を募れるよう、インスタグラムを通じてメークアップもできるようにしました。

View this post on Instagram

Make up to the meeting of Rotary E-club of HYOGO🙏🙏🙏 🙇‍♂️🙇‍♂️ ******************************** All make-up fee until 9th August will be donated to the disaster area from Rotary International District 2680. 🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️ 🤝🤝🤝 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++ +1. Make up to the Rotary E-club of HYOGO website meeting.👫
2. Pay the makeup fee of 1000 JPY from the QR code.💸
3. Please write your comments in the memo field at the time of payment.📝
4. We will send “make-up certificate” by email.✉️ ————————————————————————- #がんばろう広島 #がんばろう岡山 #がんばろう愛媛 #prayforokayama #prayforhiroshima #prayforehime #rotaryinternational #rotaract #interact #rid2680 #okayama #kurashiki #hiroshima #ehime #rain #hardrain #waterlogging #flooding #rescue #prayforjapan #japan

A post shared by Rotary E-club of HYOGO (@rid2680eclub) on

 

下半期は災害の報道も減りましたが、 SNS を通じて未だ復興途中の被災地の現実を知り、積極的な情報発信に勤めました。

「ロータリーは世界をつなぐ」という 2019-20年度 RI会長テーマにつなげられる努力はできたかなと思っております。

来年度は2019-20年度長澤友滋会長へバトンタッチとなります。引き続き、システムエンジニアという職業を活かし、 ITの力でロータリーを牽引していこうと思います。

今後もロータリアンの一員であることを誇りとし、世の中に貢献できるよう、日々たゆまぬ努力を続けて参る所存です。

浅学非才で未熟な身ではございますが、1年間誠にありがとうございました。

今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

2018-19年度 HYOGOロータリーEクラブ会長 大河内健太郎

例会

幹事報告

規定審議会決定 メークアップについて

神戸市内のロータリークラブから、欠席のメークアップの期間が「同年度内」に変更されることになるが、クラブ細則において「例会の前後14日間」と規定することにより、現行の運用を維持することは可能か否かの質問についての回答がございました。詳しくはこちらをご覧ください。

 

例会

委員会報告

2018-19年度地区運営方針の一つに「My ROTARYへの登録率が50%以上になるよう推進するとともに、ロータリアンのロータリー並びにRIや地区への関心を高め、「ワン・ロータリー」を推進する」という目標がありました。

HYOGO ロータリーEクラブの My ROTARY への登録率は6月24日現在84%です

当2680地区では100%を達成しているクラブもあり、Web上で活動する当クラブにとって、100% でないのは大変残念な結果です。

2680地区地区大会でも矢野ガバナーより発表がありましたが、3月24日現在、当地区の登録率は 59.963% ということです。60%を越える地区は全国でもまだ無いとのこと。

My ROTARY に登録することで、ロータリー活動するための様々な情報を得ることができ、本業の役に立つ情報も得られるかと思います。

登録方法がわからない方は、お気軽に大河内までご連絡ください。

My Rotary はこちらからアクセスしてください。

例会

卓 話

ロータリーのテーマ

毎年1月、ロータリー会員はRI新会長による次年度のテーマの発表を心待ちにしています。会長は、毎年開催される次期リーダーの研修である国際協議会においてテーマを発表します。

パーシー・ホジソン1949-50年度国際ロータリー会長は、1951年のアトランティックシティ国際大会(米国ニュージャージー州)で、テーマを発表するという伝統を始めました。

テーマを作成するという伝統は、1949-50年度ロータリー会長のパーシー C. ホジソンが始めたものです。1949年の国際協議会で、ホジソンは次期リーダーに向けて、「ロータリーの知識を広めるという光栄な機会」を与えられていると述べ、「ロータリーの知識の欠如はロータリークラブの順調な運営の妨げとなりうる」と訴えました。ホジソンのテーマは4つの目標を含め英文で83語。これは現在のキャッチフレーズ的なテーマに比べるとかなり長く感じますが、次期リーダーにロータリーの基本的知識を持ってほしいというホジソンの期待を表しています。

会長の思いを尊重したいというロータリアンの願いは、その後も続きました。初期のテーマには、「Rotary Is Hope in Action」(公式訳なし)(ホアキン·セラトサ·シビルス、1953−54年度)、内部に火を燃やせ(ニッティシ C. ラハリー、1962−63年度)、善意は先ずあなたから(アンスト G. ブライトホルツ、1971−72年度)などがあります。

その後数十年にわたり、RI会長はテーマのロゴ、襟章、ネクタイ、スカーフなどを採用しました。テーマのネクタイは1990年代に導入され、毎年作られています。スカーフが最初に導入されたのは1998-99年度です。多くのデザインがその年のテーマロゴを取り入れています。また、ニュージランドのウィリアム・ボイド元会長や日本の田中作次元会長などが選んだデザインには、母国を象徴する色やモチーフが取り入れられています。

テーマネクタイとスカーフの模様と生地を選ぶ田中作次2012-13年度国際ロータリー会長と京子夫人。白い花は日本を象徴する桜の花を表しています。

1991-92年度から2008-09年度のRIテーマピン

初期のテーマパンフレットにテーマロゴはありませんでした。左から:「六つの目標」(ハーバート J. テーラー、1954-55年度)、「我等の資源を開發しよう!」(A.Z. ベーカー、1955-56年度)、「三つのターゲット」(ジャン・パオロ・ラング、1956-57年度)。
ジェームス L. ボーマー Jr.会長のテーマパンフレット(1979−80年度)

 
K.R. ラビンドラン2015-16年度国際ロータリー会長。「世界へのプレゼントになろう」というテーマを2015年国際協議会で発表しました。

この卓話は、 MyROTARY に掲載された記事の引用です。こちらから全文をぜひご覧ください。

例会

おわりの点鐘

例会

この例会に共感された方は、「いいね」をお願い致します。

MAKE UP(メイクアップ)する