menu

HYOGO ロータリーEクラブは、24時間365日世界中どこからでもメークアップできます。HYOGOロータリーEクラブ |  Rotary E-Club of Hyogo

MAKE UP

第172回例会

Rotary E-club of HYOGO

2018年1月22日開会

1月は職業奉仕月間です。

はじめの点鐘

はじめの点鐘

ロータリーソング

SAA: 今週のロータリーソングは、「四つのテスト」です。元気よく歌いましょう。

例会

会長の時間

本日は2017-18年度、第23例会・通算172例会です。

今日は大変な寒波で大雪による影響で大変な思いをされている方々がおられることと思います。大事に至らず皆さま無事に帰宅されますことをお祈りいたします。

さて、Eクラブのスレッドでお知らせいたしましたが、幾波博之さんが入会されましたのでご紹介をしたいと思います。職業分類は弁護士です。大阪府北区西天満にて法律事務所をされています。次回2月19日グランフロント開催のリアル例会&親睦会にもご出席いただきますのでどうぞ交流していただき親睦を深めてください。どうぞよろしくお願い致します。

本日は後期に入りましたので、今年の初めに発表させていただきました会長諮問事項を再度記載させていただきます。
また、5大奉仕の各委員の方々に、前期の報告と後期の活動計画の発表お願い致しております。
委員の皆様、後期も達成に向けどうぞご協力いただけますよう宜しくお願い致します。

【会長諮問事項】
クラブ奉仕委員会
・各委員会と連絡を密にして活動の推進を図る
・積極的な会員のロータリーへの参加を促すための工夫とフォロー

職業奉仕委員会
・HYOGOロータリーEクラブ会員の多様な職業を通じて社会に奉仕する
・Eクラブならではの職業奉仕プログラムの企画・実施

社会奉仕委員会
・地域活性のための活動と協力
・教育問題に目を向け発達障害児のための講演会などのセミナーに参加し理解推進を図る

国際奉仕委員会
・地区補助金・グローバル補助金にまつわる奨学金に多数応募してもらえるように工夫する
・ロータリーの平和への切なる願いの一助になれるようグローバル補助金を用いての積極的な奉仕活動の検討・支援

青少年奉仕委員会
・各委員会と連絡を密にして活動の推進を図る
・RYLAセミナーへの参加及び報告及び例会等での報告
・RYLA40周年を迎えるに当たり、青少年奉仕委員会、学友会その他の委員会と連絡を図り協働する
・青少年奉仕活動についてより理解を深めるための卓話・セミナー開催

親睦活動委員会
・他クラブと親睦を深めるための計画・実施
・年4回の親睦例会の計画・実施・報告
・Facebookのスレッド上で会員同士が情報共有しやすくするための計画・実施

プログラム委員会
・例会の年間プログラムの予定計画執行
・会員の地域活動や職業等、個々に行っている活動の個性豊かな魅力ある卓話の企画と促し
・卓話担当者への原稿提出フォローアップ

米山記念奨学委員会
・年間会員1人15,000円の寄付を推進する
・カウンセラー・奨学生・委員会・委員間など密な連絡を図る
・米山奨学生及び学友との親睦を深める。また正確に理解されるためのセミナーや卓話などを通して情報共有をする

ロータリー財団
・年次基金年間1人15,000円の推進
・ポリオ撲滅運動への会員一人当たり2,000円の寄付の実現
・委員会とともにポリオ撲滅のためのイベントへの参加やコンサートゴルフコンペへの参加要請

広報公共イメージ
・他クラブのホームページをチェックしEクラブホームページの検討
・ロータリークラブの活動及びEクラブの存在がより認知されるような活動を検討

増強拡大委員会
・会員数2名純増を目指す
・8月の会員増強月間までに会員から入会候補者の情報収集
・退会防止のために具体的対策を検討する

研修委員会
・豊富な経験を分かち合いながら優れたリーダーシップを発揮できる人材を育てる
・クラブ活性化のためのコミュニケーション

SAA
・より魅力的で格調高い例会の運営と実施

出席委員会
・毎週行われる例会の出席人数を確認、報告する
・例会欠席者への連絡

唱歌委員会
・年4回の親睦例会の時に、ロータリーソングを歌う際、タクトを振りリードする
・ロータリーソングを歌う楽しさを伝える

会計
・健全なクラブ運営のための適切なクラブ資金の管理・保管
・会計状況の報告

全員
・マイロータリーの登録

例会

幹事報告

①「講演・演奏のつどい」のご案内

*参加希望のEクラブ会員は直接幹事にご連絡をしてください

HYOGOロータリーEクラブ 各位

伊丹ロータリークラブ 幹事・前田隆則です。

先にご案内致しました通り

下記の 「講演・演奏のつどい」を開催いたします。

横田先生には、子育てに悩む親を対象に

豊富な診療体験をもとに講演していただきます。

ぜひ、お子様、お孫様とのかかわりのご参考に

ご家族でご参加いただきますようお願いいたします。

なお、地区からの案内にございますように

参加いただいた方にはメイクアップカードを発行の予定でございます。

タイトル  「子供の心の発達を理解するための講演・演奏のつどい」

日時    2018年1月25日(木) 14:00受付、14:30開演

講演    横田 伸吾 先生(阪南病院 副院長)

演奏    ソプラノ・デュオ Dolch

場所    伊丹商工会議所6階 マルチメディアホール

申込    下記のいずれかの方法でお申し込みください。

       メール     :   itami.egao@gmail.com

       申込専用URL:   https://itamirc2015.jimdo.com

                    または 「ようこそ伊丹ロータリー」 で検索

       F A X番号:    072-775-1223

申込要領  参加者ご芳名、電話番号、FAX番号またはメールアドレス、参加人数

        相談会参加の有無 をご記入の上、

        上記へ申し込みをお願いいたします。

        文責:プロジェクトリーダー・池信秀明

②2018-19年度RIテーマ発表 (添付資料あり

米国サンディエゴで開催中の2018年国際協議会におきまして、

2018-19年度 バリー・ラシンRI会長より次年度テーマが発表されました。

「インスピレーションになろう」

「Be the Inspiration」

テーマのグラフィックを添付いたします。

詳しくは以下のホームページよりご覧下さい。

https://www.rotary.org/en/node/4916

会員の皆様にもよろしくお伝えください。

国際ロータリー第2680地区

ガバナーエレクト 矢野 宗司

 

③尼崎グループI.M.のご案内 別紙あり

 

④阪神第3地区I.M.のご案内 別紙あり

*今回の阪神第3グループIMはクラブから参加費を支出いたします。まだIMに参加した経験がない会員をはじめ、他クラブとの交流をはかれる良い機会になると思います。FBのイベントにて参加登録をお願いいたします。

 

 

⑤ご入会されました新会員のみなさまの紹介

平成30年1月1日御入会 坂本 田鶴子(さかもと たづこ)様 職業分類;メンタルコーチ

平成30年1月20日御入会 幾波 博之(いくなみ ひろゆき)様 職業分離;一般弁護士

お二人とも吉井会長からのご紹介です。こころより歓迎をいたします!

みなさまFBでお友達申請をお願いいたします。

例会

委員会報告

寒中お見舞い申し上げます。ロータリー米山記念奨学会です。
2018年最初の“ハイライトよねやま”ができあがりましたので、お送りいたします。
ぜひご覧いただければ幸いです。
本年も何とぞよろしくお願い申し上げます。
▼全文は、こちらよりご覧ください。
http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight214_pdf.pdf
(公財)ロータリー米山記念奨学会ニュース
………………………………………………………………………
★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 214号 ★  2018年1月15日発行
………………………………………………………………………
::今月のトピックス::
——————
・第3代よねやま親善大使を募集します!
・2018-19年度地区米山記念奨学委員長セミナー開催報告
・寄付金速報 ― 今年もよろしくお願いいたします ―
・台湾米山学友会が総会を開催
・秋の叙勲で学友が旭日小綬章に輝く
<お知らせ>
☆ご寄付の確定申告用領収書について
《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
秋の叙勲で学友が旭日小綬章に輝く
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成29年秋の叙勲受章者が発表され、外国人叙勲としてなんと
2人の学友が旭日小綬章に輝き、12月にそれぞれ日本の在外公館
において勲章・勲記の伝達式が行われました。
◆朴明欽(パクミョンフム)さん(韓国/1983-85/京都東山RC)、
元・釜山韓日文化交流協会理事長。
日本・大韓民国間の友好親善及び相互理解促進に寄与。
“同志社大学の修士課程で学び、さらに博士課程まで進むことが
できたのは米山記念奨学会のお蔭だと存じております。韓国では
大学教育や学問研究を中心にしながらも、日韓両国の相互理解と
友好親善を図るため両国交流団体にて社会活動を続けています。
日本での留学の際、貴奨学金を頂いたこと重ねて御礼申し上げます”
◆ジャンチブ・ガルバドラッハさん(モンゴル/1998-99/
山形北RC)、新モンゴル学園理事長。
モンゴルにおける日本式教育普及及び日本・モンゴル間の相互
理解促進に寄与。
“私は、皆様方への感謝を胸に恩返しをしたい一心で努めてきた
だけですので、この章は皆様方のものです。この勲章を受章した
ことで新たな活力がわいてきました。これからもみなさまへの
ご恩を倍々返しできるように力の限り努力していきます。どうか
温かく見守ってください”
※そのほかの記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight214_pdf.pdf
┌━─━──━─━─★
┃ お 知 ら せ
└━─━─━─━──★
☆ご寄付の確定申告用領収書について
昨年1年間(1~12月)に特別寄付をしたすべての方、
もしくは普通寄付金の領収証を申請したクラブには、
1月末日までに(確定申告に間に合うように)、
認定証の写しが付いた申告用領収証をロータリークラブ宛に送付します。
以上
※メールアドレスの変更、配信解除などのご希望がございましたら、
お手数ですが、このメールの返信にてお知らせください。
よろしくお願い申し上げます。
……………………………………………………………………
公益財団法人ロータリー米山記念奨学会
事務局長 岩邉俊久
編集担当 野津・峯
Tel:03-3434-8681  Fax:03-3578-8281
問い合わせメール: highlight@rotary-yoneyama.or.jp
米山記念奨学会ホームページ: http://www.rotary-yoneyama.or.jp/
…………………………………………………………………………

例会

卓 話

幹事活動計画

幹事 堤 万佐子

  • HYOGOロータリーEクラブの活動計画が滞りなく実施できるよう連絡調整を行う
  • 上半期に引き続き会長をサポートし、発展的な事業運営をおこなう
  • クラブ活動が会員にとって有意義であるように貢献する

職業奉仕委員会活動計画

委員長 児玉 貴春
皆さん、こんにちは。職業奉仕委員会を担当致します児玉です。
年度初めの計画は以下の通りでした。
2017-2018 職業奉仕委員会 活動計画
テーマ:「そうなんだ!職業奉仕」
  1.  過去のセミナー資料などから、具体的事例を挙げての解説
  2.  職場訪問を楽しく体験
そして今月がいよいよ職業奉仕月間です。
下半期目標として以下のことを実行します。
① 1/29の卓話で、12/2の職業奉仕セミナーの中から、わかりやすいと感じたものを、テーマ「そうなんだ!職業奉仕」の一つ目として、ご紹介したいと思います。
それは、あの有名なアーサーFシェルドンの「奉仕の哲学」です。
2680地区 職業奉仕委員会の篠山RC小南さん、柏原RC谷垣さん、伊丹RC吉岡さんと池信さんによって、非常にわかりやすくまとめられたパワーポイントをご覧ください。音声なしですが、なるほど!こういうことかと感心させられます。
② そして二つ目の職場訪問は、2/8に、小学生にプログラミングを教えていらっしゃる贄田会員の職場にご訪問させて頂きます。
詳細は、以下の通りです。
★職場名称:ロボットプログラミング教室 プログラボ宝塚校
★内  容:「プログラミングで月に行こう!」
      2020年度から小学校で必修化されるプログラミング教育です
      が、職場訪問では教育版レゴ マインドストームEV3とiP
      adを使用し、ロボットプログラミングの楽しさと奥深さをご
      体感いただく予定です。
★日  時:2/8(木)19:00
★場  所:プログラボ宝塚校
こちらのパンフレットもご覧ください

 社会奉仕委員会活動計画

委員長 長澤友滋

基本的任務

前期に引き続き、ロータリアンとして、職業人として、心構えとともに、実践を通して社会奉仕を行うこととする。

重点目標

  1.  親クラブである宝塚武庫川RC他、幅広く各RCの社会奉仕活動に積極的に参加する。
  2. 地域のニーズを調査し、実施可能であれば実施する。
  3. 前期に実施できなかったことを後期、積極的に実施する。

具体的活動

  1. 宝塚武庫川RCの活動に積極的に参加する事で、新メンバーも加入したHyogoロータリーEクラブとして経験やノウハウを蓄積していきます。
  2. 地域イベントへの協力・協賛
  3. 活性小委員会の活動をEクラブにフィードバックする
  4. 前期に実施できなかったことを後期、積極的に実施する。

 

青少年奉仕委員会活動方針

委員長 贄田 晃有

基本的任務

  1. 次世代を担う青少年にロータリー活動を周知し理解してもらう
  2. 次世代を担う青少年の育成に寄与する機会を設ける

重点目標

Eクラブならではの個性を発揮し、奉仕活動を積極的に計画・実行します。

具体的活動

  1. 会長の運営方針に則り、各委員会と連絡を密にして、活動の推進をはかります。
  2. RYLAセミナーへの受講生募集、参加及び報告例会等
  3. 青少年奉仕精神を周知するための卓話・セミナー
  4. 青少年交換学生プログラム

クラブ奉仕委員会

委員長 秋定 慈登
副委員長・委員 藤原 一秀、 藤原 岳史

☆ 基本方針

各委員会と連絡を密にして活動の推進を図る
積極的な会員のロータリーへの参加を促すための工夫とフォロー

☆ 活動計画

各委員長と密に連絡を取り合ってメークアップの増加及び当クラブの会員の例会参加を増やす。
クラブ全体で会員親睦を深め、運営を円滑に機能するために調和を図る。

研修委員会

委員長 秋定 慈登
副委員長・委員 堤 万佐子、藤原 一秀

☆ 基本方針

① すべての研修ニーズが満たされるよう、クラブ理事会および各種委員会と協力し、また、支援とアイディアを得るために、地区研修委員会、クラブを担当するガバナー補佐、地区ガバナーと協力すると共に会長年度のクラブ研修を充実し、年次目標の達成を支援する。
② 長期的な視野で、会員の指導力開発を推進します。(指導者の育成と継続性の確保)

☆ 活動計画

a) クラブ指導者は、適宜、地区研修会合に出席。
b) 新会員のために一貫したオリエンテーションを定期的に実施。
c) 現会員のために継続的教育の機会を提供。
d) 全会員が指導力育成プログラムを受けることができるようにする。

 

例会

おわりの点鐘

例会

この例会に共感された方は、「いいね」をお願い致します。

MAKE UP(メイクアップ)する